トップページ >すっぽんはどれくらい前からどのような国で食されていたの?

すっぽんはどれくらい前からどのような国で食されていたの?

お手頃価格ですっぽんを食べられるお店や商品もありますが、やはり未だに高級食材の一つなので、そうそうすっぽんを食べる機会は多くありません。
そもそも日本ですっぽんを食べるようになったのは、縄文時代ととても歴史が古いのです。
縄文時代のすっぽんの位置というのは明らかではありませんが、同じような時期の中国や韓国では、すでにすっぽんは富裕層にしか食べられない高級食材だったのです。
すっぽんの繁殖のためにメスは食べてはいけないと定めたこともあるのです。

 

すっぽんの滋養強壮効果や美容効果は、それだけ本物だということです。

 

中国ですっぽんを食していたという記述は、古くて3000年も前になるのだそうです。

 

日本の一般家庭でも食べられるようになったのはそう古くはありません。
逆に比較的近年で、だいたい1980年代頃からだと言われています。

 

すっぽんはそれまで高級料亭でのみ食べることができる食材でしたが、すっぽんの繁殖技術が向上し、価格を抑えたすっぽんが市場に出されるようになったからでしょう。

 

すっぽんを食べる国も、日本や中国・韓国以外にもあるにはあるのですが、食用というよりもペットとして飼育している国の方が断然多いのだそうです。

 

すっぽんを食べてからその味や効果の虜になったという体験談もありますが、それでも世界共通の食材というわけではないのです。